26
2月

電動シュレッダーと手動シュレッダーにはそれぞれメリットデメリットがあります。

これからシュレッダーを購入しようと考えている人にとっては参考になるかも知れません。

まずは電動シュレッダー。

なんといっても電動シュレッダー最大のメリットは簡易さと安全性ではないでしょうか。

紙を入れるだけで自動的に裁断してくれ、裁断が終わると自動的にストップします。

そして安全性も高いと聞いた事があります。

安全ストッパーが取り付けられている物も非常に多く存在し、事故防止に役立つみたいですね。

しかし、本体の価格が少し割高の場合が有ります。

手動シュレッダーは人の手で動かすために少し面倒な部分もあると言う意見が出ています。

毎回スイッチを自分で入れたりしなければいけないために、それが億劫な人にはあまりオススメできません。

一般家庭であれば手動でも構わないと思いますが、大きな会社内で置く場合は時間が無駄になる事もあるのであまりオススメ出来ないかも知れないですね。

しかし、結局は使う人によって左右されると思いますので、利用者や利用場所、予算などによって臨機応変に考える方が良いかも知れません。

これから先にシュレッダー購入を考えている人であればこの様な点に注意して選ぶと良いのではないでしょうか。

シュレッダーは、書類などを細かくするだけではありません。

パソコンにもシュレッダーがあるのです。

なぜ、パソコンにもシュレッダーが必要なのでしょうか。

パソコンは、消去ボタンがあり、ゴミ箱もあるのにそれだけでは、データー上から消去されていないのでしょうか。

私はあまりパソコンには詳しくないのですが、パソコンの中にバックアップソフトが入っていたり、復元ソフトがはいっていたりすると、消去してしまったデーターを簡単に復元する事が出来るのです。

初期化しても同じことが起こってします可能性があるらしいのです。

そうなれば、要らなくなったパソコンをリサイクルショップなどに売る場合、本当に消去されているのか不安になります。

パソコンに疎いひとなら特にそうでしょう。

会社のパソコンを売る場合にも同じ事です。

会社の重要な情報や、顧客情報が入っているでしょう。

消去しても何かの拍子に復元されてしますかもしれません。

そんな時に、パソコンのデーターに使えるシュレッダーをかける事によって完全に情報が消去されます。

要らない情報をほうりこむことによりパソコンの中が綺麗になるそうです。

パソコン用のシュレッダーもある事におどろきました。

企業にとったらとても便利なソフトですね。