30万円 借りたい

30万円借りたいとき、どうする?

50万円借りる方法

「どうしても30万円借りたい!」
急にお金が必要になるときって誰にでもありますよね。

 

  • 急な引っ越し。見積りしたら30万円と言われた…
  • 子供の私立受験で30万円〜40万円かかりそう。
  • 就職活動や合宿免許でまとまった金が必要。

 

私も今まで何度か経験があります。

 

5年ほど前に家族旅行で高速道路を走っていたら、急にガタガタと金属音が…。
どうやらエンジンの故障みたいで、怖くなってJAFを呼びました。

 

近くのディーラーまで牽引してもらったのですが、エンジン載せ替えで30万円ほどかかるとか…。

 

いっそ別の車に買い替えようかと思ったけど、今の中古車って結構高いし、軽自動車だった100万円以上しますからね。

 

仕方なくエンジンを交換してもらうことにしたのですが、急に30万円が必要になり困ってしまいました。

 

急に30万円以上が必要になった…

お金がない

修理は1週間ほどで完了するそうなので、支払いまであまり時間がありません。

 

「貯金もないし、どうしよう・・・」
「なんとかして30万円をすぐに借りる方法ないかな?」

 

そう思って必死にネットで検索してみたのです。

 

すぐに30万円借りる方法をネットで調べたら…

銀行などの金融機関のサイトで「30万円借りる方法」が詳しく説明されていました。

 

でもお金に関する専門用語がいろいろ出てきて、とても難しい内容でした。

 

「今すぐお金を借りる30の方法」とかズラ〜と書いてあっても、自分にどの方法が合っているのか?わかりませんでした…。

 

「難しいことわかんないけど、できるだけ早く安全にお金を借りる方法を知りたい!」

 

そう思いながら、私でも30万円借りれる方法を何時間もかけて探してみたんです。

 

すると、すぐにでも30万円借りれる方法、誰でも簡単に融資してくれるところを発見したんです!

 

これから紹介する方法で、私も「即日30万円」借りることに成功して、すごく嬉しかったです!!

 

パソコンかスマホだけで申し込みはとっても簡単!
申し込み方法も簡単で、ほんの15分ほどで手続きが終わりました。

 

無事に審査が通ったときは、ホッと一安心したのを覚えています。

 

 

これから、私が実際に30万円借りた方法を具体にお伝えしますね。

 

あなたが気に入ったら、ここのサービスを使って30万円の借り入れできるでしょう!

30万円借りたいときの「キャッシング」とは?

私が即日で30万円を借りることが出来た方法とは、消費者金融で「少額融資(キャッシング)」に申し込んだからです。

 

少額融資は最低10万円程度の限度額から、必要な金額を即日融資してもらうことが可能な方法です。

 

何百万という大金ではなく、数十万円くらいの金額なので「少額融資」と呼ばれています。

 

現金払いで振り込まれるので「キャッシング」と言ったり、「カードローン」と呼ばれたりもしますね。

 

キャッシングの借り方は?

キャッシング

あなたが銀行口座を持っていれば、ATMの機械で引き出しできます。

 

コンビニに設置してあるATMにも対応しているので、いつでも現金が下ろせて便利ですよ。

 

それに少額融資の場合は最短1時間くらいで出金できるケースがほとんどなんです。
「すぐに審査が通る」感じです。

 

もちろんATMでの出金は24時間365日OK。急いでいる場合にも助かりますよね。

 

最低いくらから借りられる?

少額融資のキャッシングやカードローンって、一体いくら貸してくれるの?って思いますよね。

 

ほとんどの消費者金融では、借入金額の枠が10万円からに設定されます。

 

金融機関でお金を借りる場合、まず利用条件やその人の審査を受けて、その信用度などで「借入限度額」が決められます。

 

その限度額の枠内で、あなたが希望する金額を自由に設定して借り入れする形になります。

 

いまの少額融資は千円単位での借り入れが可能な金融機関が多いです(例外あり)。

 

つまり、必要な金額だけ借りればよいので、余計な金額を借り過ぎて手数料(利息)が高くなる心配もありません。

 

クレジットカードのキャッシングやリボ払いはヤバイ?!

ちなみに、クレジットカードに「キャッシング」の機能もあると思いますが、アレは止めておいた方がいいですよ。
理由は金利がバカ高いからです。

 

あと、リボ払いもヤバイです。
カード払いの決済日にお金がないからとリボ払いに変更すると、利息がドンドン膨らんでいきます。

 

一時的にお金が必要なら、消費者金融でキャッシングする方が金利負担が少なくて済みますよ!

 

キャッシングの審査って何を調べるの?

キャッシングやカードローンでお金を借りるときは、最初に「審査」が入ります。

 

その人の収入や他社での借り入れ状況、信用情報などをチェックして、お金を貸しても大丈夫か審査されます。

 

要するにその人に返済する能力があるか?を金融機関が判断するわけですね。

 

固定した収入がない学生(大学生・専門学校生含む)と、毎月安定して給料が入るサラリーマンや公務員では、返済能力に違いがありますよね。

 

ですので、その人の収入や借入希望額などの条件を「審査」するのですね。

 

審査にかかる時間は?

キャッシング会社のテレビコマーシャルで「最短60分審査」というのをよく見かけますよね。

 

もちろんその人によりケースバイケースですが、審査は迅速で、「即日融資」が可能な場合がほとんどです。

 

「即日融資」とは申し込んだその日に融資されることです。

 

お金が必要になった当日に銀行口座に振り込まれ、現金が下ろせればすごく助かりますよね。
(もちろん、即日融資にならない場合もあります)

 

冠婚葬祭やデートなどで今日とか明日に数万円欲しい!といった場合にも、少額のカードローンがよく利用されています。

 

いくらまで借り入れ可能なの?

例えば、アルバイターやパート、フリーター(無職)の人でもお金借りたい場合ってありますね。

 

そうしたケースでも消費者金融のキャッシングなら審査に通りやすいようです。

 

借り入れできる金額(限度額)は各消費者金融の審査によって決まります。

 

希望額を30万円としても、場合によっては利用限度額が30万以下ということもありえます。

 

ただ、限度額の枠内であれば希望する金額を自由に借り入れすることができます。

 

30万円借りたときに利息(金利)はいくら?

30万円借りたときの返済についてですが、一般的には3年間で返済するケースが多いです。

 

3年で返済だと毎月12,000円を36回払い、返済総額は38〜39万円程になる計算です。
利息分として8万円〜9万円を支払うことになります。

 

ちなみに「借入利息」は、借入金に金利(年利)を掛けて、借入期間で割って算出します。

 

返済総額、毎月の返済額を詳しく知るには?

一般的な返済の目安をお知らせしましたが、実際の返済総額や毎月の返済額は、金利や借入先の消費者金融によって異なってきます。

 

利息の金額や返済期間を正確に知りたい場合は、「返済シミュレーション」を利用するのが確実です。
具体的な利息の金額や返済総額などを自動計算してくれますからね。

 

そこで、私が借り入れた経験のあるキャッシング会社をこれから3つご紹介します。

 

それぞれのサイトで借り入れ条件や返済方法など「返済シミュレーション」でチェックしてみてください!

私が30万円借りたのはここ!

1)プロミスで30万円借りる方法

 

  ・融資条件・限度額・審査など
  ・申込み→借り入れまでの方法・手順

 

 

2)モビットで30万円借りる

 

  ・融資条件・限度額・審査など
  ・申込み→借り入れまでの方法・手順

(まとめ)30万円借りたい!ときの解決方法

30万借りた

 

すぐに30万円を借りたいとき、とても焦りますよね。

 

実は、身近な人(親や親戚)にお願いするのが手っ取り早いですけど、もしトラブルになったらとても面倒です。
身近な存在だと人間関係はずっと続くわけで、金銭トラブルはなるべく避けたいものですよね。

 

それに、30万円を都合するには、どんな人でもそれなりに時間がかかるでしょう。

 

ですので、すぐに30万円借りたい状況なら、こちらで紹介したキャッシングやカードローンで借りるのが一番早くて確実な方法です。

 

月に1万円ちょっとなら余裕を持って返済できますし、金利負担も少なく済んで、あなたの信用情報に傷はつきません。

 

今すぐ30万円借りたいなら、こちらで紹介した方法を検討してみてくださいね!